1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » White Bear V3
  4. » White Bear V3の成績(5/8~24)+【余談】バックテストから判る実力と稼動時の注意点!

この経済指標カレンダーの提供は FX ポータルサイト – Forexpros

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • ジャンル :

White Bear V3の成績(5/8~24)+【余談】バックテストから判る実力と稼動時の注意点!

こんにちは。
ブログ「FX自動売買な日々」管理人のKMRWT(こもりうた)です。

ブログの更新が無茶苦茶遅くなって申し訳ございません(>_<)

今回はForex White Bear V3の稼動に関するご報告です。


■White Bear V3の特徴


KMRWTは5月8日からWhite Bear V3の運用を開始しました。

Forex White Bear V3 

このWhite Bear V3はPenguinさんの新作EAで、
EURUSD5分足用の逆張りスキャルピングEAです。

White Bear V2の後継EAとして開発され、
White Bear V1としても稼動させることができるEAです。


V2との違いは以下のとおり↓

・GOMAイグジット機能を搭載。
TP(利益確定)やSL(損切り)に届く前に
素早く決済する短期決戦型スキャルピングを行います。
これまでGoma V1 AUDUSDとRabbit V1 EURJPYにのみ搭載されていた機能ですが、
新たにV3にも搭載されました。


・新たにRSI可変ロット機能を搭載。
Goma V1 AUDUSD、Rabbit V1 EURJPYに搭載されている
RSI可変ロット機能をV3に搭載。
いける!と判断した場合はロット数が大きくなります。


・新たにデイフィルター機能を搭載。
V2には搭載されていなかった
週末・週明けの稼動制限と、週末の強制決済機能を新たに装備。
週明けに大窓が開いて大損する事態が回避され、より安全になりました。

・Brown Bearがバージョンアップ!
Brown Bearの最大保有ポジション数が3→4となり、収益と安定性がアップしました!

・V1として稼動可能!

White Bear V1として稼動させることも可能!


これらの様々な改良が加えられたWhite Bear V3。
その実力をバックテストで検証してみました。

バックテストから判明した注意点なども掲載していますので、
運用中の方、これから運用をご検討中の方は
どうかご参考になさって下さいね(-∀-)


※おことわり
記事がむちゃくちゃ長いので、
どうかお時間がおありのときに読んで頂けると幸いです(-∀-;




■White Bear V3をバックテスト!

EAの実力を確かめるためにバックテストしてみました!

【バックテスト詳細】
通貨ペア : EURUSD 5分足
資金 : 2000ドル
ロット : 0.1ロット
設定 : 単利
期間 : 2009年1月1日~2013年3月31日
スプレッド : 1.5pips

※バックテストに使用したデータは
FXDDヒストリカルデータ1分足
period converter ALLで全時間足に変換したものです。

※スプレッドはPepperstoneのEURUSDの
代表的な値である1.5pipsに固定してバックテストしています。
スプレッドを固定してバックテストする方法は
こちら


実力を的確に判断するために、まずは単利でバックテストします。
複利にすると後々の結果がかなり変わってしまって
効果を定量的に判断するのが困難になるためです。



White Bear V3の中にはWhite BearとBrown Bearの2つのEAが同居していますので、
それぞれ別々にバックテストしてみました。

まずはWhite Bearからです↓


①White Bear
GOMAイグジット(use_GOMA_exit1) : true
RSI可変ロット(use_ModifyLots) : true

200901-201303_WhiteBearV3_WhiteBear_MMfalse_SP15.jpg

がたつきの少ない滑らかな右上がり曲線です♪

4年3ヶ月間での総取引回数は1201回で、
月平均23.5回のエントリーがあることになります。

最大ドローダウンが415.34ドル、合計損益は5295.56ドルですので、
最大ドローダウンが10%となる設定で単利運用すると、

5295.56 ÷ (415.34 ÷ 10 × 100) = 1.27499…

となりますので、
4年3ヶ月間で+127.5%の利益率、資金が2.275倍になることになります。

なかなか堅実な成績だと思います(-∀-)
次は同じ条件でBrown Bearをバックテストしてみました↓


②Brown Bear
GOMAイグジット(use_GOMA_Exit2) : true
RSI可変ロット(use_ModifyLots) : true

200901-201303_WhiteBearV3_BrownBear_MMfalse_SP15.gif

200901-201303_WhiteBearV3_BrownBear_MMfalse_SP15.jpg

こちらも綺麗な右肩上がり曲線です。

4年3ヶ月間での総取引回数は630回で、
月平均12.4回のエントリーがあることになります。

最大ドローダウンが368.51ドル、合計損益は4445.83ドルですので、
最大ドローダウンが資金の10%となる設定で単利運用すると、

4445.83 ÷ (368.51 ÷ 10 × 100) = 1.2064…

となりますので、
4年3ヶ月間で+120.6%の利益率、資金が2.206倍になることになります。

White Bearとほとんど変わらない成績ですね(・_・)
取引回数がWhite Bearの半分でありながら
White Bearに匹敵する成績を上げてくれるのは素晴らしいと思います。

ちなみに、V2のBrown Bearはかなりガタガタしてました…こんな感じです↓

BrownBearV2Multi.gif

なので、今回のバージョンアップで超安定化が図られています!


①のWhite Bearと②のBrown Bearを同時稼動させてみた結果がこちら↓

①White Bear + ②Brown Bear
GOMAイグジット(use_GOMA_exit1、use_GOMA_exit2) : true
RSI可変ロット(use_ModifyLots) : true

200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_SP15.gif
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_SP15.jpg

4年3ヶ月間での総取引回数は1770回で、
月平均34.7回のエントリーがあることになります。

最大ドローダウンは705.35ドル、合計損益は9386.98ドルです。

最大ドローダウンが①と②の単純加算にならないのは、
最大ドローダウンが発生したタイミングが①と②では異なるためです。

そして、
総取引回数と合計損益が①と②の単純加算にならないのは、
①と②が同時にエントリーしようとしてしまうことが
たま~~にあるからだと思われます。


V3の場合は一つのEAの中に2つのEAが同居しているので、
同時にエントリーチャンスが訪れたときにはどちらかが優先されます。

このため、微妙にエントリーのタイミングがずれたり、
どちらか片方のみが採用されてもう片方がボツになることが
たま~~にあるのかも知れません。

どのくらいの割合で発生するかを総取引回数で比較してみると、

(1201 + 630 - 1770) ÷ (1201 + 630) = 0.0324…

…となりますので、取りこぼしは約3.2%。

つまり、31回に1回くらいは注文がバッティングして減ることになるようで、
発生するのは月に1回程度です。

これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですね(・_・)

エントリーの取りこぼしがどーしても気になる!…という方は、
①のWhite Bearと②のBrown Bearを
別々のMT4のチャートにセットして稼動なさって下さいませm(_ _)m


なお、MT4は同時に2つの注文を通すことができない仕様になっているので、
同じMT4の中の違うチャートに①と②をセッティングすると
注文がバッティングして片方しか通らないことがあります。

なので、確実に別々に稼動させたい場合はMT4も別々に稼動させましょう。

これくらい別にOK…という方は
一つのチャートでV3を稼動させてもよいかと思われます。

ちなみにKMRWTは、①と②のバッティングはしょうがないと諦めて、
VPSのメモリを節約するためにV3を一つのMT4のチャートで稼動させています(-∀-)



なお、
V3はV1 Modeとして稼動させることも可能ですが、
通常のV3と併用する場合は
エントリーの取りこぼしを避けるために
必ず別々のMT4にセッティングしましょう。


また、
V3と注文が被ることが多い他のEA(White Bear V1 Apex 2など)も
別のMT4で稼動させましょう。


理由は、エントリー取りこぼしの量が膨大になる可能性があり、
運用・検証に支障が出る可能性があるためです。
Penguin祭りに参加できなくなったりしそうですしね…


MT4を追加インストールする方法は、こちらの記事をご覧下さいね。

余談ですが…
あえてバッティングした注文を取りこぼさせるために
同じMT4で稼動させるという考え方もアリかもですけれど…
KMRWTは試したことがないのでオススメしかねます(-∀-;




…さてさて、話が大幅に逸れましたが
①+②を最大ドローダウン10%となる設定で単利運用した場合の利益率は、

9386.98 ÷ (705.35 ÷ 10 × 100) = 1.33082…

となりますので、
4年3ヶ月間で+133.1%の利益率、資金が2.331倍になる計算になります。

①と②を単独で運用した場合に比べて利益率が向上していますので、
ポートフォリオ効果が上手く表れていることがわかりますね(-∀-)


①+②を複利運用してみたのがこちら↓


①White Bear + ②Brown Bear 【複利】
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMtrue_SP15.gif
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMtrue_SP15.jpg

複利運用の場合は相対ドローダウンに着目します。

デフォルトのrisk=1の設定で運用すると、
相対ドローダウンは12.65%となりました。

この場合、合計損益は8900.02ドルとなり、
12.65%のドローダウンのリスクを引き受けると
4年3ヶ月で資金が5.45倍になることが判ります(・_・)

とても堅実な成績だと思います♪

■White Bear V1として稼動させると…どうなる?

このWhite Bear V3は、White Bear V1としても稼動できます。

V1として稼動させるには
パラメータ設定を以下の設定で稼動させます。


Setting1=" --- White Bear --- ";
use_White_mode=true;
V1_mode=true ※デフォルトはfalse
takeprofit1=6 ※デフォルトは7
use_GOMA_exit1=false ※デフォルトはtrue
Setting2=" --- Brown Bear --- "
use_Brown_mode=false ※デフォルトはtrue
ML=" ---- RSI Modify Lot ----"
use_ModifyLots=false ※デフォルトはtrue
md_multiplier=1.4


赤字部分を変更すればV1として動作します。

【余談】
White Bear V1にはver1.15以降に可変ロット機能が搭載されています。
この可変ロット機能は
ボラティリティの小さな相場ではロットを半分に小さくする機能で、
デフォルトではfalse(オフ)になっています。

一方、V3に搭載されているRSI可変ロット機能は
いける!と判断した場合にロット数が1.4倍、1.9倍(≒1.4×1.4倍)に大きくなる機能で
デフォルトではtrue(オン)になっています。

V3にはロットを半分にする可変機能は付いていませんので、
残念ながらこの部分は再現できません。

とはいえ、V1の可変ロット機能については

・デフォルトではオフになっている。
・たまにしか発動せしない。
・この機能を使用されているユーザーさんは少数。

…ということで、通常状態で稼動させる分には問題ないかと思われます。



前置きが長くなりましたが、
V1として稼動させてみたバックテストの結果はこちら↓

③White Bear V1 Mode
200901-201303_WhiteBearV3_WhiteBearV1Mode.gif
200901-201303_WhiteBearV3_WhiteBearV1Mode.jpg

4年3ヶ月間での総取引回数は1676回。
1ヶ月あたり32.9回エントリーがあることになります。

①+②の場合は1748回だったので、
これに匹敵するほどガンガンエントリーすることになります。
V1ならではのアグレッシブさが感じられますね。

最大ドローダウンが336.50ドル、合計損益は5495.77ドルですので、
最大ドローダウンが資金の10%となる設定で単利運用すると、

5495.77 ÷ (336.50 ÷ 10 ×100) = 1.6332…

となりますので、
4年3ヶ月間で166.3%の利益率、資金が2.663倍になる計算になります。

①+②の場合が+133.1%、資金が2.331倍だったので
なんと③のV1 Modeの方が成績が良いという結果になりましたΣ(・д・)

合計損益は①よりちょっと大きい程度で①+②の約6割程度となりますが、
③の場合はドローダウンが低いため、利益率が上回る結果となりました。

V1のアグレッシブさは、ある意味V3を超えるということですね。

だったらわざわざV3じゃなくて
V1を使っていればよいのでは?…という考え方もありますが、
V3は①、②、③とそれぞれ別々に稼動させることができますので、
1本で3本分のバリエーションを利用して
ポートフォリオを組める点が魅力的だと思います(・_・)


■V3の設定を変えると…どうなる?

V3には新たに追加された以下の2つの機能があります。

・RSI可変ロット機能
・GOMAイグジット機能


これらの効果を確かめるために、バックテストで検証してみました。


まずはRSI可変ロット機能の検証です。

RSI可変ロット機能は今回から新たに追加されたもので、
逆張りに使われる指標であるRSIの値によって
ロット数を1.4倍、1.9(≒1.4×1.4)倍の3段階に変化させるものです。

デフォルトではONとなっていますので、
これをOFFにしてバックテストしてみました↓


①White Bear + ②Brown Bear 【RSI可変ロットなし】
GOMAイグジット(use_GOMA_exit1、use_GOMA_exit2) : true
RSI可変ロット(use_ModifyLots) : 
false
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_NoML_SP15.gif
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_NoML_SP15.jpg

総取引回数はRSI可変ロット機能ONの場合と同じ1770回です。

最大ドローダウンが466.82ドル、合計損益は7312.21ドルですので、
最大ドローダウンが10%となる設定で単利運用すると、

7312.21 ÷ (466.82 ÷ 10 × 100) = 1.5663…

となりますので、
4年3ヶ月間で+156.6%の利益率、資金が2.566倍になる計算になります。

可変ロット機能ありの場合に比べると合計損益が2割ちょっと減りますが、
最大ドローダウンが3割ちょっと小さくなったため、
利益率はこちらの方が良くなっています。

RSI可変ロット機能を使用すると稼げるときには大きく稼げますが、
負けるときには大きく負ける可能性があるということですね(・_・)


安定志向の方は可変ロット機能をオフ、
アグレッシブ志向の方はオンで、お好みで設定なさるとよいかと思われます。




次にGOMAイグジット機能の検証です。

GOMAイグジット機能とは
White Bear V3の作者であるPenguinさん(ラッコ)さんが先行作成した
Goma V1 AUDUSDRabbit V1 EURJPYに搭載されている機能で、
TPやSLに届く前にサクサク決済してしまう機能です。

早期撤収により負けを小さくし、
エントリーの取りこぼしを減らし、
ポジション保有時間の短縮を狙います。


もともとV1、V2には
ダメなときに撤退するための早期クローズ機能が備わっているのですが、
今回のGOMAイグジット機能はそれを更に強化したものになります。

デフォルトではONになっていますので、
これをOFFにしてバックテストしてみました↓


①White Bear + ②Brown Bear 【GOMAイグジットなし】
GOMAイグジット(use_GOMA_exit1、use_GOMA_exit2) : false
RSI可変ロット(use_ModifyLots) : true

200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_NoGoma_SP15.gif
200901-201303_WhiteBearV3_All_MMfalse_NoGoma_SP15.jpg

総取引回数は1748回で、
デフォルトのGOMAイグジット機能ありの場合の1770回と比べると
ちょっと少なくなりました。

GOMAイグジット機能は早期利益確定と早期撤収を行うので、
この機能をオフにするとポジションを長く保有することになります。
このため、次のエントリーポイントを取りこぼしてしまうことがあるようですね(・_・)

最大ドローダウンが808.30ドル、合計損益は9550.17ドルですので、
最大ドローダウンが10%となる設定で単利運用すると、

9550.17 ÷ (808.30 ÷ 10 × 100) = 1.1815…

となりますので、
4年3ヶ月間で+118.2%の利益率、資金が2.182倍になる計算になります。

可変ロット機能ありの場合に比べると合計損益がちょっぴり増えますが、
撤収が遅れた結果として最大ドローダウンが+15%増加しているため、
利益率が下がってしまっています。

GOMAイグジット機能をオフにすると
負ける時はより大きく負けるということですね(・_・)


GOMAイグジット機能はONにしたほうがよさそうです。


■White Bear V3をフォワードテスト!

ではでは、White Bear V3のフォワードテスト結果です!

【口座情報】
運用開始 : 2013年5月8日
口座 : Pepperstoneリアル口座
運用通貨 : EURUSD 5分足

【パラメータ設定】
CountDownMode true
NewsFilter ---News Filter---
use_NewsFilter false ※ニュースフィルターを利用しない
DayOftheWeek 5
Hour_of_News 12
PreHour_of_News 2
PostHour_of_News 3 ※金曜日19~24時のエントリーを停止
Setting1
--- White Bear ---
use_White_mode true
V1_mode false
takeprofit1 7
stoploss1 56
maxpositions1 5
use_GOMA_exit1 true
Setting2 --- Brown Bear ---
use_Brown_mode true
takeprofit2 12
stoploss2 48
maxpositions2 4
use_GOMA_exit2 true
ML --- RSI Modify Lot ---
use_ModifyLots true
md_multiplier 1.4
Friday_ filter ---Friday Filter---
FridayEnd true
FridayEndHour 10
FridayEndMinute 0 ※金曜日19時に新規エントリーを終了
FridayClose true
FridayCloseHour 20
FridayCloseMinute 0 ※土曜日04時に保有ポジションを強制決済
Monday_filter ---Monday Filter---
MondayStart true
MondayStartHour 13
MondayStarMinute 0 ※月曜日22時からエントリー開始
※記載されていないパラメーターも含め、全てデフォルト設定。


【資金設定】
資金 設定 ロット リスク値 設定期間
100,000円 複利 - 1 5/8-


【White Bear】
5月8日は、5勝2引分で+394円(+20.0pips)でした。 
5月9日は、2勝1引分で+324円(+13.2pips)でした。
5月15日は、3敗で-1337円(-65.3pips)でした。

5月 : -619円(-32.1pips) 稼働率3/16
5月期の利益率は-1.2%です。


【Brown Bear】
5月8日は、1勝で+89円(+4.5pips)でした。
5月9日は、3勝で+231円(+11.6pips)でした。
5月15日は、2敗で-724円(-35.4pips)でした。

5月 : -404円(-19.3pips) 稼働率3/16
5月期の利益率は-1.0%です。

※なお、4/22~24にかけては
オフィシャルフォワードテストでは3勝となっていますが、
KMRWTは重要指標発表後の荒れ相場回避のため
自動売買を停止させていました。
ご了承くださいませm(_ _)m


5月15日の取引画像はこちらです↓

20130515whitebearv3.gif
 
15日は残念ながら負けてしまいました(>_<)
V3はエントリー後の逆行を危険だと判断したため、早期撤収となりました。

そのまま粘ってくれれば勝てる相場だったため
White Bear V1 Apexなどの他のEAは利益確定したのですが…残念です。

とはいえ、安全のための早期撤収なので暖かい目で見てあげたいです。
これに懲りずに負けを取り返すべく、頑張って欲しいと思います(`・ω・´)


【これまでの成績】

【White Bear】
損益 pips 稼働率 利益率
2013年 5月 -619円 -32.1pips 3/16 -1.2%
合計 -619円 -32.1pips
稼動開始以来の成績は7勝3引分3敗です。

【Brown Bear】
損益 pips 稼働率 利益率
2013年 5月 -404円 -19.3pips 3/16 -1.0%
合計 -404円 -19.3pips
稼動開始以来の成績は4勝2敗です。





White Bear V3はこちら↓
Forex White Bear V3

4月30日までにV1を購入なさった方は
格安で優待版を入手できます!

優待版はこちら↓
Forex White Bear V3(優待版)




White Bear V3のリアル検証成績はこちらで公開中です↓

【fx-on】


【FXLOG】


Myfxbook




最後までお読み下さり、ありがとうございますm(_ _)m




にほんブログ村に参加中です。
クリックして頂けると、やる気と勇気と元気が湧いてきます♪
なにとぞよろしくおねがいします。
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://yutaru.blog65.fc2.com/tb.php/1002-4f9eab99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

プロフィール

KMRWT(こもりうた)

Author:KMRWT(こもりうた)
FX自動売買ソフトを
リアル運用で検証中です♪

このブログでは
以下の3つをお約束します。

1.リアル口座での運用成績を
ありのままに公開します。

2.自動売買ソフト(EA)を
実際に使ってみて
成績がよいものだけを
オススメします。
ダメなものはオススメしません。

3.使ったことのないものを
オススメしたり
売り込んだりすることは
絶対にしません。

デモ口座でリアル運用したふりをする
なんちゃってトレーダーや
ダメ商材を平然と紹介する
ダメアフィリエイターがたくさんいる
この業界に一石を投じたいなぁと
思っています(^^)

全てリアル口座での検証のため
レビューできるEAの数は
限られてしまいますが
嘘やごまかしのない
リアルで役に立つ情報を
お届けしていきたいと思います。

これからFXを始める方に
役立つ情報を
リアルタイムで公開していきます!
どうぞ宜しくお願いします。

リンクフリーです!
コメント、トラバ大歓迎です(^_^)♪

にほんブログ村に参加中です♪
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

お役立ち情報
ご質問はこちら!

FX自動売買でお困りのこと、 ご質問がありましたら お気軽にこちらへどうぞ! ご意見やコメントもお待ちしています♪ 世間話でもOKですよ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

3日以内を目標に返信いたします。誠心誠意お答えいたします。

RSSフィード
最近のコメント
最近のトラックバック
リアル検証中のEA

White Bear V3White Bear V3?|?fx-on.com
【Forex White Bear V3】
White Bear V1としても使えるV3!
検証はこちら↓
「Forex White Bear V3」

White Bear Z EURJPYWhite Bear Z EURJPY?|?fx-on.com
【Forex White Z EURJPY】
シロクマシリーズ最新版!
EURJPY対応のWhite Bear!

White Bear ZWhite Bear Z?|?fx-on.com
【Forex White Z USDJPY】
USDJPY対応のWhite Bear!
検証はこちら↓
「Forex White Bear Z」

White Bear V1 EX
【Forex White V1 EX】
シロクマシリーズで
No.1の利益率!

検証はこちら↓
「Forex White Bear V1 EX」

今なら口座開設キャンペーンで
無料でもらえます!


↓OANDAジャパン↓
OANDA JAPAN×タイアップキャンペーン☆WhiteBearV1EX又はWhiteBearV1☆プレゼント

↓FXCMジャパン↓
FXCM口座開設タイアップキャンペーン「ForexWhiteBearV1EX & ForexWhiteBearV1」

White Bear V1White Bear V1?|?fx-on.com
【Forex White Bear V1】
惜しくも販売終了になりましたが…
取引回数が多い
アグレッシブなしろくま君V1です。
検証はこちら↓
「Forex White Bear V1」

今なら口座開設キャンペーンで
無料でもらえます!


↓FXCMジャパン↓
FXCM口座開設タイアップキャンペーン「ForexWhiteBearV1EX & ForexWhiteBearV1」

↓OANDAジャパン↓
OANDA JAPAN×タイアップキャンペーン☆WhiteBearV1EX又はWhiteBearV1☆プレゼント

↓FXTF↓
FXTF×WhiteBearV1タイアップキャンペーン

Ashika V1Ashika V1?|?fx-on.com
【Ashika V1】
EURUSD、USDCHF、USDJPYの
3つの通貨ペアに対応!
これ1本で3本分働いてくれる
頑張り屋さんなアシカ君です♪
検証はこちら↓
「Ashika V1」

EGOIST (USDJPY)EGOIST (USDJPY)?|?fx-on.com
【EGOIST (USDJPY)】
トレード回数がとても多いです!

BandCross3 EURUSDBandCross3 EURUSD?|?fx-on.com
【BandCross3 EURUSD】
ちょっと調子を崩し気味…
なので小ロットで様子見中です。

fx-on.comお宝ページはこちら!
fx-on.comお宝ページはこちら!

【fx-on】
様々なEAのバックテストと
フォワードテストが公開中!
口座開設キャンペーンで
EAを無料でもらえます!

キャッシュバック


【RoyalCashBack】
取引に応じてキャッシュバック!
今ならオープニングキャンペーン中!
日本のサービスなので
簡単&便利です♪
詳しくはこちら↓
「FXRoyalCashBackに
乗り換え!」


【FinalCashBack】
取引に応じてキャッシュバック!
日本のサービスなので
簡単&便利です♪
詳しくはこちら↓
「FinalCashBackの
メリットとデメリット」

Gem-Trade(ゲムトレード)



120種類以上のEAが
無料で利用できます♪
White Bear V1 Apexや
White Bear V2 Apex、
Racco V2などなど…
大人気の有料EAも
無料で使えます!

無料登録は5分でOKです↓
1.Gem-Trade(ゲムトレード)
登録方法


口座開設は30分でOKです↓
2.Gem-Trade(ゲムトレード)
口座開設方法


最後の口座登録はこちら↓
3.Gem-Trade(ゲムトレード)
口座登録方法





【Ashika V1 Multi】
3通貨ペアでマルチな取引!
検証はこちら↓
「Ashika V1 Multi」

VPSサービス

FX専用 米国設置VPSキャンペーン!
【使えるネット】
VPSで24時間運用するなら
使えるネット!
素早いサポートで安心できます♪

リアル成績

GEMFX (Gem-Trade) | fx-on.com
【GEMFX】
Gem-Trade用に開設した
円建てリアル口座です。
稼動EAは以下のとおりです↓
White Bear V1 Apex2
White Bear V1 Apex
Racco V2
BandCross3 EURUSD
Tetra_EURUSD_V1

MyFX Markets (海外FXふぁんくらぶ) | fx-on.com
【MyFX Markets】
海外FXふぁんくらぶで開設した
円建てリアル口座です。
稼動EAは以下のとおりです↓
White Bear V3
White Bear V3 (V1 Mode)
White Bear V1
White Bear Z
Ashika V1
Rabbit V1 EURJPY
EGOIST

FXLOG
【FXLOG】
成績をEAごとに集計できる
便利な無料集計サービスです。
KMRWTの成績はこちらです↓
ドル建て口座
円建て口座

Myfxbook

MetaTrader Project
※サイトが重いため更新停止中…

その他もろもろ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。